3回目のワクチン接種は広域接種会場でモデルナになりました

その他

ぬいぬいにゃんこです。ブログにお越しいただきありがとうございます。

本日3回目のワクチン接種券が届きました。

1.2回目は昨年9月にファイザーを打ちました。
今回もファイザーで予約したかったのですが、諸般の事情によりモデルナになりました。

スポンサーリンク

ワクチンのために休みを変わってもらうのが気が引ける

ワクチン接種日と翌日で連休にするのが世の流れ。
うちの職場も一応そうなってます。

でも、うちの職場はシフト制。シフトを組む時点でワクチン接種日がわかっていれば前もって連休にしてもらえます。

シフト確定した後に接種券が届くと、会場が空いている日と自分の休みが合わない場合、予約を入れづらいのです。

会場の空き状況に合わせると、誰かにシフトを変わってもらわないといけない。
しかも連休。

「ワクチンだから仕方ないか…」と変わってもらえますが、休む側も代わりに出てきてもらう側もあまりいい気はしません。

なので、私は休みの前の日の夜の枠を狙って予約しています。
幸い、地元の集団接種会場は夜の19:30まで空いているので仕事帰りに打ちに行けるのです。

3回目もそのつもりでした。

しかし、接種券に同封されていた会場の案内には夜間接種の文字がない!

なんと前回(1.2回目)の時の会場(町民体育館)が改修工事中のため、集団接種を行わないとのこと。
もう1ヵ所集団接種会場があるのですが、そちらでは夜間接種がありません。
しかもワクチンがファイザーからモデルナに変わってる…

クリニックでの個別接種なら、ファイザーかモデルナかを選べるのですが、休みが合わない。

こりゃ参ったな、と頭を抱えていたその時、とある場所を思い出したのです。

県の広域接種会場で予約

数日前に、「福岡県の広域接種会場が博多駅にも開設された」、というニュースを見たのを思い出したのです。

県の広域接種会場は現在4ヵ所(行橋・直方・みやま・博多)。
福岡県民なら、接種券が届けば誰でも利用できます。

早速予約ページを開くと、博多会場で私の休みの前の日の夜の枠が空いてたので、そのまま予約しちゃいました。

ワクチンがモデルナになるのは、もう仕方ない。副反応がひどくないことを願うばかりです。

ということで、今回は広域接種会場にお世話になることにしました。
地元で空きを待ってたら、いつになるかわかりませんもん。

福岡県の広域接種会場についてはこちらへ↓

福岡県新型コロナウイルスワクチン接種(3回目接種)の予約方法等のご案内について - 福岡県庁ホームページ

早く終息しますように…

コメント

タイトルとURLをコピーしました