裁ちばさみで紙を切ると一発アウト!紙は紙切りばさみで切りましょう。

アイキャッチ 手芸

ぬいぬいにゃんこです。ブログにお越しいただきありがとうございます。

裁ちばさみは繊細です。
裁ちばさみで紙を切ると、あっという間にはさみをダメにしてしまいます。
面倒くさいですが、裁ちばさみと紙切りばさみは使い分けましょう。

スポンサーリンク

「刃」の薄さと鋭さの違い

裁ちばさみと紙切りばさみは、「刃」が違います。
裁ちばさみの方が刃が薄く、鋭くなっています。

布は紙より柔らかいため、鋭い刃でスパッと切らないとフニャフニャ動いて綺麗に切ることができません。
鋭い刃にするためには、研いで刃を薄くします。

薄くて鋭い刃は、固いものを切ったり衝撃を受けるとすぐダメージを受けます。

紙は布より固いです。
裁ちばさみで紙を切ってしまうと、刃が潰れたり欠けたりして切れ味が落ちます。

高いところから落としたり、空切り(生地がない状態ではさみを開いたり閉じたりすること)も刃を痛めます。

 

プロフィール画像

縫製の現場では、裁ちばさみを雑に扱うとめちゃくちゃ怒られます。

裁断がきちんとできていなければ、その後の縫いの工程に影響が出ます。
スパッと切られているものと、切り口がガタガタのもの、縫いやすいのは当然スパッと切られているものです。

裁ちばさみのお手入れ

プロは、裁ちはさみの手入れにも力を入れます。

裁断し終わったら裁ちはさみについた糸くずや糸ぼこりを取り、ミシン油を染み込ませた布で刃を拭きます。サビ予防のためです。

切りにくいな、と感じたらすぐはさみを変えます。そして研ぎに出します。
切りにくいハサミで無理に切ると、余計ガタガタになる上に手が疲れます。

裁ちばさみはミシンの次に大事な道具です。
正しい使い方とお手入れで、長く使ってあげましょうね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました