ミシンが上手くなりたければ「足」も使おう

アイキャッチ ミシン

ぬいぬいにゃんこです。ブログにお越しいただきありがとうございます。

プロが使うミシンが足踏み式なのにはちゃんと理由があります。
ミシンが上手くなりたければ、「手」だけではなくて「足」も使いましょう。

スポンサーリンク

プロは両手両足使います

工業用ミシンは「手」も「足」も使います。
手は生地を持ちます。足でペダルを踏んでミシンを動かします。家庭用ミシンのような「スタート/ストップスイッチ」なんてありません。返し縫いのレバーはありますが。

右足でペダルを奥に踏みこむとミシンが動き、ミシンを止める時は左足で手前側を軽く踏みます。これが工業用ミシンの基本の縫い方なのですが、私は右足のみ使ってます。両足踏みすると足がつりそうになります(笑)プロの中でも右足のみ、左足のみ、両足使う派と分かれます。人それぞれです。
「一気に踏んで止めたいところでピタッと止める」のがプロの縫い方です。

工業用ミシンは押さえも足で操作します。
ミシンの下に「ニーリフター」という、細長い金属の棒がついています。これを右膝で右に押すと押さえが上がり、離すと押さえが下がります。
工業用ミシンにも針の後ろ側に押さえのレバーがついてますが、縫ってる時にここで押さえの上げ下げをすることは滅多にありません。手をミシンの後ろに回すより、膝でニーリフターを押した方が早いですもん。

生地から手を離すのはご法度です。

工場では「速く」「キレイに」「ガンガン」縫わないといけません。生地から手を離すと縫製ミスにつながります。縫い目がよがんだり、縫いズレしたり、縫い目が落ちたり…
縫い損ねたら解いてやり直しですが、解くのは縫うより時間もかかるし神経も使います。
それなら、常に両手で生地を持っておけるように足も使った方が楽です。

なので、工業用ミシンは「両手」「両足」使うようになってます。

家庭用ミシンでもフットコントローラーを使おう

家庭用ミシンはスイッチで操作するタイプが主流です。しかしスイッチ式だと、縫い始めや縫い終わりではどうしても片手で生地を持たないといけません。右手を生地から離している間に縫い目がよがんだり、変なところを縫ってたりする率が高いです。

また、生地とスイッチ間の右手の往復の時間がもったいないです。フットコントローラーなら、生地の上に両手を置いたまま足でミシンが動かせます。ミシンを止めたいときもコントローラーから足を離せばすぐ止まります。

 

プロフィール画像

先日カーブになっている部分のパイピング(バイヤステープで包む)を家庭用ミシンで、しかもスタート/ストップスイッチで縫ってる動画を見ました。ここはプロが工業用ミシンで縫っても失敗しやすい難所です。「器用すぎる…」と感心してしまいました。私には無理です(汗)右膝が勝手に動くでしょう(笑)

フットコントローラーは最初からついてくる機種もあれば、オプションで別売りの機種もあります。「ミシンの機種名+フットコントローラー」で検索したら、Amazonか楽天で買えると思いますよ(=^x^=)

家庭用ミシンのニーリフターは…

家庭用ミシンでもニーリフターが使えるものがあります。ですが、一部の機種に限られる上に結構お高めのお値段がします。家庭用でニーリフターまで使う人ってそうそういませんからね…
ちなみに職業用ミシンではニーリフターは標準装備です。

まとめ

今回は、ミシンで縫う際の「足」についてでした。

「ミシンを踏む」という言葉がある通り、ミシンは元々足踏み式です。
家庭用ミシンのスイッチ式は、戦後の日本の住宅事情に合わせてちゃぶ台の上にミシンを置き、正座して縫えるように開発されたものだそうです。

イマイチうまく縫えない…という方は、フットコントローラーを使ってみてください。最初は怖いかもしれませんが、そのうちフットコントローラーがないと縫えなくなってきますよ(о´∀`о)

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
ご参考になれば幸いです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました