マイクロチップ義務化に思うこと。飼い主のモラル向上と悪徳業者追放に繋がるのか?!

アイキャッチ

ぬいぬいにゃんこです。ブログにお越しいただきありがとうございます。

巷で噂のマイクロチップ義務化。

マイクロチップを動物の体に埋め込むことには賛否両論あります。

しかしマイクロチップは命の衝動買いを防ぎ、捨てられたり迷子になって殺処分されるのを防ぐ、現時点での最善の策なのかもしれません。

スポンサーリンク

マイクロチップ義務化の目的

今年の6月から、犬猫の販売業者はマイクロチップを装着しないと犬猫の販売ができなくなります。
販売業者から犬猫を購入した飼い主さんも、マイクロチップの管理機関への登録が義務付けられます。

義務化の目的は「捨てられるペットを減らし、迷い犬・迷い猫を速やかに飼い主さんの元へ帰す」ためです。

マイクロチップには固有の15桁の識別番号が振られていて、この番号でペットと飼い主さんの情報を管理します。
ペットに埋め込まれたマイクロチップを専用のリーダーで読み取り、その番号をデータベースに照会して飼い主さんを特定する仕組みです。

脱走したり、捨てられたりしたペットが動物愛護センターに収容され、飼い主さんがいるのにも関わらず殺処分されてしまうことが少なからずあります。

首輪や迷子札は、何かの拍子で外れてしまうことがあります。
マイクロチップなら一度埋め込めば、外れてしまうことはほぼありません。

犬猫が販売される時点でマイクロチップを装着しておき、飼い主情報の登録をしないと買えないようにして、捨てられるペットや迷子になるペットを減らそう、という考えのようです。

すでに飼っている犬猫や、友人や保護団体から譲り受けた犬猫へのマイクロチップ装着は努力義務(したほうがいいけれど、強制ではありませんという意味)です。
そのうち一般飼い主さんへのマイクロチップ装着義務化も始まりそうですけどねぇ…

マイクロチップは賛否両論ある

マイクロチップは、言葉を話せないペットの身分証明になります。

マイクロチップを入れていたおかげで脱走したペットが警察署や動物管理センターで保護されていると連絡が入ったケース、捨てられたペットの飼い主が見つかって逮捕されたケースなど、その有用性は実証されています。

日本から海外へ、海外から日本へペットを連れていく場合、動物検疫上、マイクロチップの装着が義務付けられています。

しかし、安全性は確保されているとはいえ動物の体内に異物を入れること、動物に苦痛を与えてまでマイクロチップを装着することに抵抗を感じる方もいるのが実情です。

犬猫の場合、マイクロチップは首の後ろ〜肩甲骨のあたりに注射で埋め込みます。
まれにマイクロチップが体内で動いてしまい、首の後ろにリーダーをかざしても読み取れず、チップを入れていないと判断されることもあるそうです。

私も、愛猫へのマイクロチップ装着は抵抗を感じます。
マイクロチップの有用性は分かっていても、お金かけて体内に異物を入れたくないなーと思うのです。注射痛いだろうし。

去勢・不妊手術の際にマイクロチップを入れている病院もあるそうです。麻酔がかかっている時に入れた方が動物に不要な痛みを与えなくて済む、と考えていらっしゃる獣医さんが増えているようです。

これからマイクロチップの埋め込みと不妊手術はセットになるかもしれませんね。

求められているのは飼い主のモラル向上と悪質業者追放

マイクロチップの装着と飼い主情報の登録が義務化されたとはいえ、悪質な業者は法をすり抜けようとするでしょうし、正確な飼い主情報が登録されないおそれもあります。

マイクロチップは、現時点での最善の策なのかもしれません。しかし、限界もあります。

命の衝動買いをしないこと。
最後まで責任が持てないのなら、最初から飼わない。
悪質業者による過剰繁殖を止めるために、きちんとしたブリーダーさんやペットショップ、保護団体からお迎えする。

私たち人間の行動次第で、動物たちの処遇も変わります。

動物を傷つけるのも人間、動物を救うのも人間。
飼い主のモラル向上と悪質業者追放が進むことを願ってやみません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました