猫の食器の選び方。テキトーに選んだら猫の健康を害するかもしれない。

アイキャッチ

ぬいぬいにゃんこです。

ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

猫がご飯を食べた後に吐く、ご飯を食べてくれない、なんか食べづらそう…

実はそれ、食器のせいかもしれません。

実は、猫の健康と食器には深い関係があるんです。猫用食器の選び方とオススメの食器もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください(=^x^=)

スポンサーリンク

猫の健康と食器の関係

猫には高さのある食器(5〜8cmほど)を使うことがお勧めされています。

というのも、猫の食道や胃を圧迫するからです。

獣医さんも、猫ちゃんの健康のために専用食器もしくは食器台を使うことを推奨しています。

高さがない食器だとどうなるの?

浅いお皿を使うと、猫は頭を下げてご飯を食べることになります。

このとき食道も前下がりになるので、フードが食道に溜まりやすくなり胃まで流れていかないんです。

そうなると食道がフードで塞がれてしまうので、猫が食事中に咽せちゃいます。

また、かがんだ姿勢がお腹を圧迫するので吐きやすくなります。

これを人間で例えると、

土下座の姿勢で床に置かれたご飯を舐めて食べる状態。

食べにくいですよね…

首がどうかなりそうです(;_;)

そりゃ猫だって食べにくいですわ…

プロフィール画像

私も昔は使っていない味噌汁茶碗でお水とご飯をあげていました。

床に直置きしてたので高さは0。

水を飲むときに時々咽せてました。

食器台を使う様にしてからは、咽せなくなりました。

猫用食器の選び方

いろいろな猫用食器が売られていますが、

ベストなものは「陶磁器製で高さがあり、シンプルな構造なもの」

これは猫にとっても飼い主にとっても大事なことです。

では、ひとつずつ理由を見ていきましょう。

陶磁器製がいい理由

陶磁器だとそこそこ重さがあって傷が入りにくいからです。

重さがないと、猫が食べてる間に食器が動いてしまいます。これまた食べずらさの原因になってしまいます。

また、食器は猫の歯や牙が当たります。プラスチックだと傷がついて、そこに食べカスが溜まって雑菌が繁殖しやすくなります。その雑菌が猫ニキビ(顎の下にできる黒いブツブツ)の原因になることもあります。

金属製のものは食べるときに冷たいので、嫌がる猫が多いようです。

高さがあるものがいい理由

これは先に述べた通り、猫が頭を下げなくていいようにです。

高さがある食器を使うことで、猫はご飯を食べやすくなります。食道もまっすぐになるので、フードがちゃんと胃まで届きます。高さがある食器に変えたら吐かなくなった猫ちゃんもいます。

プロフィール画像

シニア猫は頭をもたげて食べるのがしんどくなります。食欲がなさそうだったら食器に高さをつけてあげましょう。

シンプルな構造なものがいい理由

これは飼い主である人間が洗いやすいようにです(笑)

やはり食器ですから清潔にしておかなければなりません。洗いにくいものだと洗うのが億劫になりますよね。菌が繁殖して猫ニキビになりかねませんし。

また、猫がイタズラして食器を転がすことがあります。複雑な構造のものだと壊しちゃうかもしれません。

猫のためにも人のためにも、「シンプル・イズ・ザ・ベスト」がいいです。

オススメ食器

「陶磁器製で高さのあるシンプルな作り」。

この条件をクリアしたものでオススメなのは、

「猫壱」さん「マルカン」さんのもの。

猫壱さん

猫壱(necoichi)
猫壱はシンプルで美しい猫と人の暮らしを実現します。

猫壱さんは「シンプルで美しい猫と人との暮らし」のための商品を開発・販売されている会社です。AmazonのCMでご存知かと思います。

食器以外にも猫用品全般(一部の商品は犬用もあり)を取り扱っていて、猫飼いさんの間では抜群の知名度があります。

猫壱さんのフードボウルは、中心部にくぼみがついていて、広がったカリカリが勝手に中心部に戻っていく構造になっています。

大きさがレギュラーサイズとラージサイズとあるので猫の大きさに合わせて選んでください。

マルカンさん

ペットフード・ペット用品の総合メーカー マルカン
マルカンではペットフード、用品の総合ペットメーカーです。犬・猫・ウサギ・ハムスター・インコ・フェレット・ハリネズミ・モモンガ・モルモット・チンチラ・デグー・カブトムシをはじめ様々なペットを対象に開発を続けています。皆さまのペット生活がより豊かになるように。

マルカンさんは総合ペット用品メーカーです。犬猫のほか、うさぎ・ハムスター・小鳥などなど幅広い取り扱いがあります。おもちゃやベッドなども充実しています。

マルカンさんのフードボウルは返しが猫型になっているんです。奥に行くにつれて返しが高くなっているので、カリカリがこぼれにくいです。食べこぼしがすごい猫ちゃんにオススメです。

こちらも大きさが2種類あります。

猫の食べ方にあった食器を選びましょう

うちも最初は猫壱さんのウォーターボウルとフードボウルを買い揃えて使っていました。

しかし、うちの猫はカリカリをがっついて食べます。つまり食べ方が汚いのです。猫壱さんのフードボウルだと反り返りが低いので、結構な量のカリカリがこぼれ落ちるのです。

そこでもう少し返しが高いものはないかと探した結果、出てきたのがマルカンさんのものでした。

マルカンさんのフードボウルに変えた結果、カリカリは横に飛び散ることはありますが奥にこぼれ落ちることがなくなったので掃除が楽になりました。

プロフィール画像

こぼれ落ちたカリカリを捨てないといけないのも忍びないので、こぼさず食べてほしいんですがねぇ…

うちの猫には難しそうです(笑)

 

猫ちゃんの食べ方にあった食器を選んであげましょう。

まとめ:猫が食べやすい食器を選びましょう

猫が食べやすい食器選びのポイントのおさらいです。

「陶磁器製で高さのあるシンプル構造のもの」です。

食器を変えたことで、悩みが解決した飼い主さんも多数いらっしゃいます。愛する猫の健康のために、食器を見直してみませんか?

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。ごご参考になれば幸いです(=^x^=)

コメント

タイトルとURLをコピーしました