水仙を助けてJAFのお世話になる

その他

ぬいぬいにゃんこです。ブログにお越しいただきありがとうございます。

今日、初めてJAFのロードサービスのお世話になりました。
免許取ったと同時に入会して16年。入っててよかったーとつくづく思いました。

スポンサーリンク

エンジンがかからない!!

今朝、出勤しようと車に乗り込みキーを回すと聞いたことない音を立てて回るセル。
そして始動する気配のないエンジン。

冬の朝は、エンジンがかかりにくくなることが多々あります。
バッテリーが古いとなおさらです。

バッテリーを変えたのは、確か4年前。寿命がきたのかもしれません。

バッテリーが上がってしまったのなら、ほかの車から電気を分けてもらわないといけません。
即JAFに電話しました。

原因は「燃料かぶり」

JAFの隊員さんが到着後、バッテリー回りを点検してくさったのですが、バッテリーに異常はありませんでした。

隊員さんが運転席でキーを回しながら何かカチャカチャすること20秒程。
普段のセルの回る音がして、エンジンがかかりました!

車から降りてきた隊員さん曰く、エンジンがかからなかったのはバッテリーが上がっていたのではなく、「燃料かぶり」が起きていたからでした。

燃料かぶりとは、燃料(ガソリンスタンド)がスパークプラグ(点火装置)を濡らしてしまうこと。

エンジンをかけてすぐ切っちゃうと、噴射された燃料が完全に燃えきらずに残ってしまうそうです。
残った燃料がスパークプラグを濡らしてしまい、火がつきにくくなってエンジンがかからなくなるらしいです。

そういえば昨日、駐車場に生えている水仙を後輪で踏んづけているのに気付き、ほんの少しだけ(10cmくらい)車を動かしてすぐエンジンを切りました。

これがいけなかったようです。
水仙を助けたら、車が動かなくなりました(苦笑)

年会費がもったいないかなーと思いつつ継続してきたJAF。突然車が動かなくなった時に頼れるところはやはりJAFしかないなと思った今日でした。(保険会社のロードサービスは、JAFと比べると無料範囲が狭いことが多いです)

これからもJAFは継続します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました