セリアのアイロン定規を使ってみた。工業用アイロンもOKでした!

手芸

ぬいぬいにゃんこです。ブログにお越しいただきありがとうございます。

巷で噂の、セリアのアイロン定規。近所の店舗で入手できたので使ってみました。

スポンサーリンク

アイロン定規とは?

洋裁では、縫うところをあらかじめアイロンで折り上げておくことがしばしばあります。

1.5cm幅の三つ折りにしたいなら、まず3cmで折ってアイロンをかけます。そこからさらに半分を中に入れ込んでまたアイロンをかけます。こうすると、1.5cm幅の三つ折りになります。

この時、3cmをものさしで測りながらアイロンがけするのは効率が悪いです。
そこで、工場では厚紙に線を引き、その線に生地の端を合わせてアイロンを掛けるようになりました。
最初の3cmさえわかれば、あとは縫い代を半分に折り込むだけですから。

このガイド用の厚紙は「アイロン定規」と呼ばれるようになりました。直線だけでなく、カーブやポケットの丸みつけ用のものもあります。厚紙だったら、ハサミで切って油性マジックで目盛を引けばいいので好きなようにつくることができます。

ただし、厚紙だとアイロンのスチームでふにゃふにゃになるのが難点です。のちにスチール製のものが出ましたが、これはこれでアイロンの熱でアツアツになります。どっちもどっちです(苦笑)

今はクロバーさんから出ているアイロン定規がよく使われています。

分厚い不織布みたいな素材なので、熱くなることもふにゃふにゃになることもないです。
ただし定規に少し厚みがある為、生地によっては目盛通りに折ったはずなのに幅がズレることがあります。

私もこの厚みがあまり好きではなく、自作の厚紙アイロン定規を使っています。

100均でアイロン定規が売られている!?

ある日、スマホでネットサーフィンしていると「セリアでアイロン定規が売られている」との情報を得ました。

早速近所の店舗へ。手芸コーナーに置いてありました。

ペラペラのプラスチックみたいな素材です。これでも200℃まで耐えられるとのことです。家庭用アイロンで「高」にしても180℃ぐらいでしょうから、 ギュウギュウに押し付けたりしない限り大丈夫でしょう。

目盛は5mm間隔で印刷されています。何回か使ってみたら、アイロンで擦れて印刷が消えそうになっている部分が出てきました。耐久性はあまりなさそうです。

エッジ(縁)がガサガサしているので、私は使う前に紙やすりで少し擦りました。
それでも完全には取れないので、薄い生地、傷が入りやすい生地には使わない方がいいかもしれません。よいです。

(2022/2/28追記)薄手のキュプラ(裏地)の裾あげの折り目をつける際、この定規の角で生地に穴開けてしまいました…大事な作品には使わないことをおすすめします。

工業用アイロンも条件次第ではOK

ちなみに、職場の工業用アイロンでも使えるか試してみました。

職場の工業用アイロンは、簡易ボイラーに繋いで使うタイプのものです。ボイラーが独立しているので、スチームがガンガン出ます。家庭用アイロンの2〜3倍は出ます。

このスチームにこの定規は耐えられるのか、試してみました。
設定温度は140℃。バキュームなしでスラックス用の端切れを折ってみました。

結果は、問題なく使えました。
サッとかける分にはOKのようです。ギュッと押さえつけるようにかけると溶けるでしょう。これは家庭用アイロンでも同じですね。

設定温度180℃でスチームガンガン使うと、溶けそうです。私の勤務先ではそこまで高い温度は使わないので問題なさそうです。

この定規は薄いプラスチックなので、ハサミで使いやすい大きさに切って使うのもいいかな。
その際は切り口の始末をきちんとして、生地がひっかからないようにしないといけませんね。

職場用にもう一枚欲しくなったので、またセリアへ行ってきます(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました