ハンドウォーマー新調。やっぱり手編みは暖かい

手芸

ぬいぬいにゃんこです。ブログにお越しいただきありがとうございます。

冬にパソコン作業をする時には、ハンドウォーマーが欠かせません。
手がかじかんでキーボードを叩けません。

私のハンドウォーマーは手編みです。暖かさが違います(^∧^)

スポンサーリンク

100均のフリースハンドウォーマー

寒くなってきてハンドウォーマーが恋しくなった昨年末。家のどこにもハンドウォーマーがないことに気付きました。

「あれ、去年のやつは?」と記憶を呼び起こすと、ボロボロになって処分してしまった模様。

なら、新しいの編むか!と思ったのですが、最近は全く編み物をしていないため余り毛糸がありません。

今は100均でもハンドウォーマーが売られている時代です。作るより買った方が早いし安いかな、と近くの100均でハンドウォーマーを購入してきました。

 

毛糸のものはなかったので、フリース生地のものを購入しました。

フリースでもしないよりはした方が暖かいです。しかし、これを私の手にはめるとカパカパするんです。つまり、サイズが大きい。
男女問わずのフリーサイズで作られているから、合わなくて当然なんですけどね。

サイズが大きいから、隙間から冷気が入ってきて指が冷えます。ジャストフィットしてないのが気持ち悪い。

なら、編むしかないか!とまた100均へ毛糸を買いに行ったのでした(笑)

ブロックアフガンクロッシェ

私がハンドウォーマーを編むときは、大抵「ブロックアフガンクロッシェ」で編みます。

「ブロックアフガンクロッシェ」は、手芸用品メーカーのクロバーさんが開発した編み方です。

https://clover.co.jp/movie/post_59

かぎ針でアフガン編みを編んじゃう、という技法です。

アフガン編みは、かぎ針編みよりも厚くてしっかりした編み地になります。そして編み目が伸びにくいのが特徴です。
その特徴を活かして、アフガン編みのジャケットやカーディガンが流行った時期もあるそうです。

ちょっと話が逸れました_(..)_

ブロックアフガンクロッシェでは、その名の通りブロックでアフガン編みをします。かぎ針だと、針に掛けられる目数が限られますので。

今回編んだのはこちら↓

糸:ダイソー ミックスケーク(ベージュ系)
針:クロバー アミュレ7号

段染めの糸で、編んでいくうちに糸の色が変わっていきます。どんな仕上がりになるかは出来上がってからのお楽しみ、なのが段染め糸。

この糸は220円商品ですが、巻きが大きいので両手編んでも余るぐらいの長さがあります。

アミュレは、編み物する人には人気のかぎ針です。クロバーさんが徹底的に研究して作り上げたかぎ針なので、編むときに手が疲れにくいです。

ハンドウォーマーは、指の曲げ伸ばしで手の平側が擦れやすいです。

ブロックアフガンクロッシェで編んだハンドウォーマーは、編み地が丈夫なので長持ちします。そして暖かいです。

自分サイズに調整しながら編んだので、ジャストフィットして気持ちいい!

手編みのメリット

サイズ調整が効くのが手編みの最大のメリットだと思います。

目数を増やしたり減らしたり、糸や針の細さを変えてサイズ調整します。時にはゆるめに編んだり、きつめに編んで調整することもあります。

編む人によって糸の引っ張り具合が変わるので、同じ糸と針で同じ編み図で編んだはずなのに大きさが違うことは日常茶飯事です。
それが編み物の面白いところです。

新しいハンドウォーマーが出来上がったので、残りの冬もほかほかで過ごせそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました