3年ぶりにメガネ新調。メガネ屋さんもリモートワークしててビックリ!

その他

ぬいぬいにゃんこです。ブログにお越しいただきありがとうございます。

極端に目が悪いわけではないんですが、車の運転時にはメガネが必要な私。

新しいメガネを作りに、久々にメガネ屋さんに行きました。

スポンサーリンク

OWNDAYSへGO

今回、本当はZoffのリサラーソンコラボモデルが欲しかったのです。

しかし、近くにZoffの店舗がありません。ネットでお値段を見るとフレーム+非球面レンズで15000円ぐらいする模様。

車の運転にしか使わないのに、このお値段は出せない…

諦めて近所のOWNDAYSへ向かいました。

OWNDAYSなら非球面レンズが標準で付いてきて、お値段も6000円~1万円前後とお手頃です。

今使っているメガネもOWNDAYSのものです。

受付がLINE&視力検査がリモートだった!

OWNDAYSに着き、フレームを選んで店員さんに渡したら、「LINEで受付しますので」とQRコードを渡されました。

なんと今はLINEアカウントとOWNDAYSのネットショップのアカウントを連携させて、受付やらアフターサービスを行っているとのこと。

3年行かない間にずいぶんとデジタル化してました。

さらにビックリしたのが、視力測定。

な、なんと、リモートでした。

東京本社の検査士さんが遠隔操作で測定してくださいました。

コロナ対策でリモートになったそうですが、視力測定は専門スタッフに任せて、店舗スタッフは接客に集中できるようにしようという狙いもあるのでしょう。

昔は測定用のメガネを掛けて、店員さんがレンズをとっかえひっかえして度数を決めてました。

(リモート視力測定でも、最終的な調整は店舗のスタッフさんにしてもらいます。)

他のメガネ屋さんはどうなのかわかりませんが、まさかのリモート測定にIT技術の発達と時代の変化を感じた1日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました