猫にハーネス・リードは必要?もしもに備えて1本は持っておくべし。

アイキャッチ

ぬいぬいにゃんこです。ブログにお越しいただきありがとうございます。

我が家では最近猫のハーネスを新調しました。
「猫にハーネス?犬じゃないんだから散歩に行かないでしょ」と思われたかもしれませんが、猫もハーネスを持っておくと万が一の際に役に立ちますよ。

スポンサーリンク

猫にハーネスが必要な理由は「脱走防止」

普段はお部屋から猫を出さないようにしていても、病院やトリミングなどで外へ連れて行くことがありますよね。
その時は当然キャリーに入れていきますが、稀に中で猫が暴れたりしてキャリーの蓋が開いてしまうこともあります。自分の車の中だったらまだ捕まえやすいですが、電車やバスなどの交通機関だと扉が開いた途端に脱走してしまう恐れが出てきます。他のお客さんにも迷惑かけますしね。

猫にハーネスをつけてリードでキャリーと繋いでおけば、最悪の事態を防ぐことができます。万が一キャリーの蓋が開いて猫が脱走しかけても、リードで食い止められます。

私の住む地域では、過去に地下鉄の駅で猫がキャリーから脱走してしまったという事例が起きました。確か駅のホームで後ろからぶつかられた時にキャリーの蓋が開いてしまい、びっくりした猫が外に出てしまったという話でした。駅員さんや地下鉄関係者の方が線路を全部見て回ったそうですが、猫の行方はわからず…リードで繋いでいたら行方不明にならずに済んだかもしれません。
このニュースを見て以来、猫をキャリーに入れる際はハーネスを併用するようにしています。

猫のハーネスはベストタイプがオススメ

ハーネスにもいろいろ種類がありますが、猫に使うハーネスは「ベストタイプ」がオススメです。

これまでいろいろなタイプのハーネスを使ってきましたが、ベストタイプが1番使いやすいです。ベストタイプは穴に前足を通して、背中に生地を回してマジックテープで止めます。猫の頭を通す必要がないので着脱が楽です。生地で胴回りをがっちりホールドするので、紐タイプに比べて脱げにくいです。

首輪に直にリードをつけてた時は、猫の頭が首輪からすっぽ抜けて脱走されました。そもそも猫用の首輪は力がかかると留め具が外れるようになっているタイプが多いので、このタイプの首輪だとつなぎ止めておくのには無理があります。

紐タイプのハーネスは、ストッパーが緩んで脱走されかけることが度々ありました。ハーネスをつける際は輪っかに猫の頭を通すのですが、暴れん坊な猫だとつけるのに苦労します。やっとつけられた、と思ったら紐がねじれてたり、足が違うところに入ってたりしてやり直し…ということもしばしばありました。猫も飼い主もストレス溜まります…

ベストタイプにしてからは、着脱時に猫を強く押さえつけることもなくなりましたし、ハーネスのすっぽ抜けの心配も減りました。
これからハーネスを買われる方にはベストタイプを強くオススメします(=^x^=)

ちなみに今回購入したのはこちら↓

作りはしっかりしていて、そう簡単に破けたりしなさそうです。ただ、本来は犬用なので猫には少し大きめです。実寸よりひとつ下のサイズのものを買うと良さそうです。うちの猫だと背中側のベルトをいっぱいいっぱい閉めても緩かったので、ミシンで縫い直して使ってます。

まとめ

ハーネスはお散歩のためだけのものではありません。災害時などの万が一の時に猫を守ります。ぜひ用意して、飼い主さんも猫も慣れておきましょう。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました