試験の合否を握ってる!?合格者が語る簿記&FP用電卓の選び方

資格試験

ぬいぬいにゃんこです。

ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

簿記検定やFP検定で必須の電卓。使う電卓によって勉強や解答の効率が変わってきます。

今回は日商簿記2級とFP2級合格者である私が、簿記&FP用の電卓選びについて語ります。

スポンサーリンク

簿記&FPで使う電卓の選び方

まずは、商工会議所やFP協会による規定の確認です。

簿記検定の場合

日商簿記の主催団体である日本商工会議所では、簿記検定で使える電卓について

「計算機能(四則演算)のみのもの」と規定しています。

簿記 試験科目・注意事項 | 商工会議所の検定試験

税計算や時間計算、日数計算はプログラム機能に含まれないので、一般家庭向けに売られている電卓であればほぼ使えます。

FP検定の場合

FP(きんざい・FP協会共通)も計算機能(四則演算)のみのものと規定しています。

ほぼ簿記と同じ内容の規定ですが、FPだと検算機能(入力した数値を遡って確認できる)はダメです。

試験当日の持ち物について | 日本FP協会

FPも受けようと思ってる方は検算機能なしを買いましょう。

プロフィール画像

ちなみに簿記もFPも規定違反の電卓を持っていくと、電卓が没収されるので筆算で解かないといけなくなります…

簿記&FPで使いやすい電卓の条件

電卓
私の電卓です。日商簿記2級とFP(2級も3級も)はコレで受検しました。

 

簿記&FP試験で使いやすい電卓の条件はコレです。

  • 手のひらより大きいサイズ
  • 12桁表示
  • 早打ち(キーロールオーバー)対応
  • →(桁下げ)キー有り
  • GT(グランドトータル)キー有り
  • メモリー機能あり
  • カシオかシャープ製

高校時代、簿記の授業が始まるときに先生にこの条件で選ぶよう言われました。現在に至るまで3回ほど買い替えましたが、この条件はずーっと守ってます。

では、なぜこの条件をクリアする必要があるのかを一つずつ解説していきます。

手のひらより大きいサイズ

簿記やFPでは計算問題が多いので、電卓のブラインドタッチができた方がいいです。(私は高校の授業でブラインドタッチを叩き込まれました。)

5本の指を軽く曲げて、楽にキーに置ける横幅のものを選びましょう。

指が楽に動かせないと、ブラインドタッチはできません。

プロフィール画像

カードサイズの電卓はキーが小さくてブラインドタッチできないどころか、計算間違いも起こしやすいので検定試験には不向きです。

12桁表示

簿記やFPでは億単位の計算をすることがザラにあります。

10桁で10億まで、12桁で1000億まで計算できます。

簿記3級であれば10桁でも間に合うと思いますが、後々2級まで受けようと思ってる方は12桁を買った方がよいです。

プロフィール画像

私も最初の電卓は10桁のものでした。家電量販店の店頭でよく確認せずに買っちゃったんですよね…(笑)簿記2級の勉強に進んだときに桁が足りず買い替えました(;_;)

早打ち(キーロールオーバー)対応

早打ち(キーロールオーバー)機能は、先に押したキーから指が離れる前に次のキーを押しても入力を受け付ける機能のことです。

「1」と押した人差し指がキーから離れる前に、中指で「2」を押すと「2」も入力されます。

早打ち機能はブラインドタッチには必須です。

せっかく指を速く動かせても、電卓が入力を付けつけてくれなかったら意味がないです。入力したはずの数字が入力されてなくて計算ミスします(泣)

計算を早くするためにブラインドタッチやってるのに…(

→(桁下げ)キー

このキーを一回押すごとに桁をひとつ減らせます。

1000と入れたかったのに10000と入れた場合は、桁下げキーを一回押せば1000になります。

パソコンの「バックスペース」キーみたいなものですね。

プロフィール画像

このキーがないと、入力ミスした時ACやCキーで消します。ACやCキーだと全桁消えちゃうので全桁入力し直しになります。桁下げキーは時短のために必須です!

GT(グランドトータル)キー

計算後に=を押すたびに、勝手に答えを足し算していってくれる機能です。

平均単価を求める問題の時に大活躍します。

 

(2×5)+(3×7)を計算するとします。

GTキーがある電卓だと、

①2×5で=を押す

②3×7で=を押す

③GTを押す

で答えの31が出ます。

GTキーも慣れると必要不可欠なキーとなります。

プロフィール画像

こういう計算はGTキーがない電卓だとメモリー機能でできます。しかしメモリーに入れ忘れたり、複数回メモリーキーを押して計算ミスすることが多いのでGTの方が楽です。

メモリー機能

MRとかMC、M+、M −と書かれたキーを見たことないですか?

それがメモリーキーです。

計算結果を一時的に記憶してくれる機能です。

簿記やFPでは「〇〇÷(△△+□□)」のような計算がたくさん出てきます。

こんなときは先にカッコ内の計算をしますよね。その計算結果を電卓のメモリーに入れておきます。そして割り算をするときにMRキーで計算結果を呼び出します。

こうすることでカッコ内の計算結果をメモしておく必要がなくなるし、再度入力する手間も省けます。

簿記もFPもメモリーキーはかなり多用します。

プロフィール画像

「メモリーキーが使えないと簿記は受からんよ!」って高校の先生に言われましたねぇ(笑)

カシオかシャープ製

カシオかシャープ製を選んでおけば間違い無いです。

というのも、この2社は日本の電卓のトップメーカーだからです。品質面も機能面も文句なしです。商業高校や税理士・会計士の専門学校で使われている電卓もカシオかシャープです。

さらにカシオかシャープなら、万が一電卓が壊れた(失くした)時にキー配列が同じものを探しやすいです。

ブラインドタッチできるようになると、キー配列が違うものが使えなくなるんです。指が勝手に動いちゃって違うキーを押し計算ミスします。

プロフィール画像

私は簿記の勉強を始めたときに買ったものがカシオだったので、電卓を買い替えるときはカシオの同じキー配列のものを探して買ってます。

カシオに慣れちゃったので、他のメーカーのものは使いづらいです。

安いノーブランドもの(100均含む)の電卓は、そもそも動作が安定していないものが多く、万が一の際同じものが手に入るかどうかわからないのでオススメしません。

簿記2、3級なら家電量販店やホームセンターで2〜3000円台で販売されているもので事足ります。私も家電量販店で1980円で買ったものを愛用しています。

まとめ

今回は簿記&FP用の電卓選びについてまとめました。

電卓選びは試験の合格も左右するぐらい重要です。

とりあえず家にあった電卓を使ってるという方、ぜひ簿記対応の電卓に変えてみてください。

電卓を使いこなせるようになると、問題を解くのが楽しくなると思います♪

電卓は勉強の時も試験の時も、共に歩んで共に戦う相棒です。早めに手に入れて手に馴染ませましょう!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

皆様の試験合格を心よりお祈りしております(=^x^=)

コメント

タイトルとURLをコピーしました