ハンディ扇風機は洋裁でも活躍!

手芸

私にとってハンディ扇風機は、夏の暑さ対策に使うだけのものではありません。

アイロンがけの際の必需品です。

スポンサーリンク

バキュームアイロン台が欲しいけれど…

(画像はナオモト工業さんより拝借しました)

縫製工場には「バキュームアイロン台」というものがあります。
このアイロン台にはモーターとファンが入っていて、スイッチを入れると掃除機のように吸引し始めます。

この吸引力により、生地がアイロン台にピッタリ貼り付きます。生地が動かないので、折り目付けが楽にできます。
おまけに、アイロンから出た蒸気や熱も吸い取ってくれるので、熱が冷めるのを待つ時間が短縮されます。

生地は、熱が冷める時に形が作られます。熱が冷める前に生地を動かしてしまうと、せっかくつけた折り目が消えてしまいます。かといって、一回一回熱が冷めるまで待ってたら仕事が止まります。大量生産の工場なら尚更です。
そこで生産効率をアップさせるために考え出されたのが、バキュームアイロン台です。

バキュームアイロン台を使うと、折り目付けも縫い代割割りも接着芯貼りも、一発で綺麗に仕上がります。
一回バキュームアイロン台を使うと、他のアイロン台は使いたくなくなります。

工場で使われているものはかなり大きいので、狭い家に置くにはスペースがありません。

家庭用のバキュームアイロン台(卓上式)もあるので、買うならこっちかなと思ってます。

  • ベビーロックの仕上げ名人

  • アダムのベビープレッサー

よく拝見する縫製系YouTuberさんが「ベビープレッサーの方が使いやすい」とおっしゃていたので、アダム製を検討中です。

でも、新品で買うと4万円弱…。メルカリやオークションで、程度がよい中古が出回るのを待ってます(笑)

ハンディ扇風機で冷却時間を短縮!

今使っているアイロン台はIKEAのものです。
アイロン台のかけ面はメッシュになっているので、蒸気は下に抜けていきます。
でも、バキュームみたいに吸い取る訳ではないので熱が冷めるのに時間がかかります。

熱が冷める時間を短縮するにはどうしたらいいか?と考えて思いついたのが、「ハンディ扇風機」。

ハンディ扇風機で料理の粗熱が取れるんだから、アイロンの熱も取れるでしょう(*´꒳`*)と思ったのです。

家にあったダイソーの500円扇風機。クリップ式なのでアイロン台に挟めます。
扇風機があると涼しくアイロンがけできますね(笑)

接着芯を貼った後、ハンディ扇風機で冷ましました。
扇風機なしの時よりしっかりくっついた気がします。

ハンディ扇風機で少しは作業効率が上がりそうです。
バキュームアイロン台が欲しい気持ちは変わりませんが…(苦笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました