プリーツスカートの丈はウエストから詰める。専用押さえで楽々ギャザー寄せ。

お直し

スカートを頂きました。が、私には丈が長すぎて歩くたびに裾を踏んでしまいます。

なので、裾上げします。裾から詰めてもよかったのですが、今回はウエストから詰めました。

スポンサーリンク

プリーツスカートは裾から上げるとプリーツが伸びる

今回裾上げしたスカートはコチラ。

シフォンのような柔らかい生地で、プリーツが入っています。

このようなデザインのスカートを裾から丈詰めすると、プリーツの線が消えてしまいます。おまけに、ミシンで縫うときに送り歯で生地が引っ張られるので、裾が伸びて広がってしまいます。伸びた裾は、仕上げのアイロンをかけても元通りにはなりません。

なので、細かいプリーツが入っているスカートはウエストから詰めた方がいいです。
(デザインによってはウエストから丈詰めができないものもありますが…)

ウエストから丈詰め開始!

このスカートのウエストは、別布のベルトにぐるっと一周ゴムが通してあります。スカート側はギャザーが入っています。

この形のスカートはほどくと横長の長方形の筒になります。なので詰めたい寸法分カットして、ギャザーを寄せ直して、ベルトを縫い直せばOKです。

①ほどき
ベルトをほどきます。ベルトは表地と裏地でサンドウィッチされてロックミシンをかけてありました。
ここの縫い目を全部ほどくと3つのパーツに分かれました。
表地のギャザーもほどきました。

②裁断
詰める寸法分カットします。今回は8cm詰めます。
裏地は詰めなくてよさそうだったので、表地だけカットしました。
重ねて切るとズレるので、クルッと一周させて切ります。

③ギャザーを寄せる
表地にギャサーを寄せ直します。

ギャザーの作り方は荒ミシンを2本かけるやり方が一般的ですが、私は「ギャザー押さえ」を使います。

この押さえを使うと、直線縫いをするだけで綺麗で均等なギャザーが寄ります。
荒ミシンをかけたあと、糸を引っ張ってギャザーを寄せる必要がないのです♪
しかもギャザーが縫い目で固定されているので動きません。

ギャサーの寄せ具合は、押さえがねの後ろのネジと縫い目の大きさと糸調子で調整します。本番の生地を縫う前に、端切れで調整します。

この押さえは職業用・工業用ミシン用です。残念ながら、家庭用ミシンにはこのタイプのギャサー押さえはないようです。ネジのないタイプならあります。

メーカーによって使える・使えないがあるようなので、よく確認してからお買い求めくださいね。

④ベルトを縫い付ける
表地にベルトを縫い付けます。すでにベルトにゴムが縫い付けてあったので、ゴムは外しませんでした。
(ゴムついたままだと縫いにくいんですけどね…)

脇と中心を合わせて、ゴムを引っ張りながら縫っていきます。
表地にベルトがついたら、裏地も同じように縫い付けます。

ゴムを縫い込んでいないか確認して、表地と裏地とベルトにまとめてロックミシンをかけます。

表に返して作業終了です。

作業時間は約3時間。ベルト部分のロックをほどくのに時間がかかりました。。。お直しってほどくのが1番大変で面倒くさいんですよね(苦笑)

このスカートは、これからの季節にちょうどよい素材&色なので、活躍してもらいましょう(=^x^=)

コメント

タイトルとURLをコピーしました