糸切りばさみは鉄製が使いやすい。サビはバイヤステープで対策。

手芸

糸切りばさみは鉄製が1番使いやすいです。
でも、鉄はサビるのが難点です。
私はバイヤステープを巻いて対策しています。

スポンサーリンク

職場のはさみはサビないのに、自宅のはさみはサビる

職場で使っている糸切りばさみも鉄製のものです。
5〜6本ありますが、全くサビていません。
毎日誰かしらが触っているので、手の脂がついてサビないのでしょう。

一方、自宅に置いている糸切りばさみ(↑)はどれもサビます。
自宅のはさみは毎日使うわけではないし、湿気がすごい家なのでサビやすいんでしょうね。
ミシン油塗ってても間に合いません(苦笑)

サビたはさみを握ると、手にサビがべっとりつきます。
その手で生地を触ろうものなら、汚れを塗り広げてしまいます。

かと言って、サビが出るたびにはさみを買い替えるのも不経済。
サンドペーパーで磨いても、いたちごっこ。

とりあえず手と生地にサビがつかなければいいや、と思いまして、握る部分に端切れを巻き付けて使ってました。

でも、時間が経つと巻いた生地にもサビが出てきます。
こうなったら巻き替え時です。

バイヤステープを巻き付ける

今回はニットの縁取りテープが余ってたのでそれを使いました。

すでに四つ折りになっているのでそのまま巻き付けるだけです。
少し伸ばしながら巻くと、持ち手にぴったりフィットします。巻き終わりは手縫いでかがります。

ニット生地なので、手触りも◎。

布帛(伸びない生地)の端切れを使うときは、バイヤスに裁って四つ折りにします。生地端を折り込まないと、端がほつれて糸がボロボロ出てきます。

刃のサビは…刃を研ぐ時に落とします( ;∀;)
鉄の糸切りばさみは、少し切れ味が悪くなったときはサンドペーパーで研いであげればまた切れるようになります。
ステンレスだとそうはいきませんものね…

はさみに生地を巻くと、滑り止めにもなります。手汗ですべって落とすことが減ります。
裁ちばさみほどではないですが、糸切りばさみも落とすと切れ味が悪くなります。

以上、私の糸切りばさみのサビ対策でした。
ご参考になれば幸いです(=^x^=)

コメント

タイトルとURLをコピーしました