ミシン糸で手縫いするときは「ロウ引き」する!

手芸

本当は手縫いの時は手縫い糸、ミシンの時はミシン糸と使い分けた方がいいのです。

でも、正直言って手縫い糸まで買い揃える余裕はない!
安心してください、「ロウ引き」すればミシン糸で手縫いできますよ♪

スポンサーリンク

手縫い糸とミシン糸の違い

手縫い糸とミシン糸の何が違うかというと、それは「糸の撚りの方向」。

糸は細ーい糸を数本撚り合わせて1本にしています。
その撚り合わせる方向が手縫い糸だとS(右撚り)、ミシン糸だとZ(左撚り)なのです。

フジックス株式会社さんより拝借)

手縫いでもミシン縫いでも、縫っている間に糸には自然に撚りがかかります。手縫いとミシンとで撚りのかかる方向が違うため、糸も撚りの方向を分けているのです。糸の撚りと逆方向に撚りがかかると、糸がバラバラになります。

手縫いの場合、右方向に撚りがかかるので左撚りのミシン糸を使うと撚りが解けてしまいます。
撚りが解けた糸は細ーい数本の糸となり、もつれや糸切れを起こします。
こうなるので、ミシン糸での手縫いはやめましょうと言われるのです。
縫いにくいだけで、全く縫えないわけではないんですけどね…

ちなみに手縫い糸をミシンに使うと糸切れや目飛びするそうです。

ロウ引きで撚りが解けるのを防止する

ミシン糸で手縫いをする時、「ロウ引き」しておけば撚りが戻るのを防ぐことができます。
ロウで糸をコーティングして、糸のもつれや糸切れを防ぎます。

ロウソク(仏壇用のでOKです)の上で糸を滑らせ、いらない紙で糸を挟んで紙の上からアイロンをかけます。

アイロンで解けたロウが糸に染み込んで、撚りを固めてくれます。
紙で挟むのは、余分なロウを吸わせるためです。ロウが多すぎると生地を汚してしまいます。

家庭用ミシンでよく使われるシャッペスパンは毛羽だった糸なので、手縫いに使うと絡みやすい糸です。
ロウ引きしてあげると表面の毛羽が押さえられて、かなり縫いやすくなります。

アイロンを出すのが面倒なら、ロウの上を滑らせるだけでもOKです。ただし、糸の内部にまでロウが染み渡っていないので、アイロンで押さえたときに比べると効果は落ちます。

私も店ではアイロンで押さえますが、家でするときはロウの上を滑らせるだけです(笑)。店では一日中アイロンがONになっているので使いたい時にすぐ使えますが、家ではそうはいきません。そんなことしたら電気代が…( ;∀;)

 

ロウソクとアイロンがあれば、ミシン糸での手縫いも楽になります。
手縫いの際の糸絡みや糸切れでお悩みであれば、ぜひ試してみてください(=^x^=)

コメント

タイトルとURLをコピーしました