猫の一生にかかるお金は150万円。万が一の病院代や引き受け費は別に用意する必要あり。

万が一に備える

猫に限らず、動物を飼うにはお金がかかります。

一度飼い始めたら、その動物が命を終えるまで支出が続きます。
お金がないから、と捨てるわけにはいきません。

普段のお世話にかかるお金はもちろん、万が一の時の為の貯金も考えないといけません。

スポンサーリンク

犬猫の一生涯にかかるお金

犬猫を終生飼育するには、犬で150~200万円、猫で100~150万円位かかると言われています。

この金額には、突発的な病気や怪我をしたときの医療費は含まれていません。

動物病院の診察代、薬代は全額自己負担です。一回病院に行くと、平気で1万円飛んでいくこともしばしばあります。
入院・手術になれば10万単位の請求が来ます。
ペット保険に加入していても、自腹で払わないといけない金額があります。

万が一飼えなくなった時には、犬猫を引き受けてくれる人や施設に飼育費を渡す必要もあります。

それを考えると、100万円ぐらいは貯金しておいた方がいいと思います。

ちなみにペット信託を組む際、信託財産となる飼育費は100~150万円ほど用意するそうです。
老犬・老猫ホームの費用もそのくらいします。
貯金はあるに越したことはないですね(・・;)))

猫の為のお金は定期預金で管理

うちは猫一匹ですが、エサ代やトイレの砂、おやつやおもちゃ代、ペット保険料、行きつけの猫カフェの助け合い制度(万が一飼えなくなった時に猫を猫カフェが引き受けてくれる制度)の会費で月々1万円ほど出ていってます。

そして、給料振込先の銀行の定期預金に入れてたうちの80万円ほどを、楽天銀行の定期預金に預け替えて猫の為のお金専用にしています。

これは病院代と、万が一飼えなくなった時の猫の引き受け先の猫カフェにお支払いする飼育費のお金です。

当面は使わないけれど減らしたらいけないお金なので、利率のよいネット定期で管理してます。

その他、月々の積立もやってます。これがある程度貯まったら、楽天銀行に移し替えてます。

飼い始めた後に後悔しないために。

飼い始めてから「こんなにお金がかかると思わなかった」「こんなに世話が大変だと思わなかった」と棄てられるペットもいます。

ペットを飼う為に必要なお金やお世話の事は、事前に本を読んだり、ネットで調べたり、すでにペットを飼っている人に聞いたりすればわかること。

飼ってみないとわからないこともありますが、何も準備せずに飼い始めるのは人もペットも不幸にします。

飼い始めるのは簡単、一生の面倒を見るのは当たり前のことだけど難しいのです…

飼い始めるのは簡単、飼い続けるのは難しい。万が一への備えはやっぱり必要
家族に迎え入れると決めたとき、「一生一緒にいる」と固く決意した。 そう固く誓ったはずなのに、「飼えなくなった」と簡単に手放されるペットたち。 ペットも長生きする時代。15~20年一緒に居る覚悟が必要。しかし、何があるかわからない...

コメント

タイトルとURLをコピーしました