裾上げに追われる年度始め

その他

私の本業、洋服のお直し。私は店舗勤務なので、メインの業務はパンツの裾上げ。普段はジーンズやスラックスを縫ってます。

昨日、今日は制服のパンツの裾上げに来られたお客様が多かったです。

制服といっても学生服ではなく、会社の制服。

今日は看護師さんの制服(ナースパンツ)がドサッと来て、しかも当日仕上げご希望でしたからスタッフ全員てんてこ舞いでした。

おそらく昨日入職式があって、制服を渡され、「この土日で裾上げしてきてね」と言われたのでしょう。

スーツに身を包み、制服を受取に来られた新米ナースさんたち。お渡しの時に心の中でエールを送りました。

ちなみに会社の制服だと、カットなしで裾上げすることも多いです。

でも、カットなしでの裾上げって、意外と難しいんです。

理由は「裾の幅」。
詳しくはこちらの過去記事をご覧いただければと思います。

裾上げテープで裾上げするときにありがちな失敗集。対策方法もお教えします!
ぬいぬいにゃんこです。 ブログにお越しいただきありがとうございます。 ミシンを持ってない方、お裁縫が苦手な方には便利な裾あげテープ。しかし、「裾あげテープで裾あげして失敗した…」とお直し店に持ってこられるお客様もいらっしゃいます。 ...

ストレートパンツなら幅が合うのでそのまま折り上げて縫うことができます。

裾に向かって幅が細くなっているパンツ(テーパードパンツやスリムパンツ)は、表側の幅と縫い代側の幅が合いません。

そんなときは脇の縫い目をギリギリまで外側にしたり、三つ折の中に入れ込む分量を減らしたりして幅の調整をします。

残す量が多ければ多いほど、幅の調整は難しくなります。
正直言って「カットさせてほしい…」と思うこともありますねf(^_^;

明日も制服の裾上げがたくさん来そうです。頑張れ、フレッシャーズ!頑張れ、私(*^^*)

お直しに持っていくときは、まち針は使わないで下さいね。

お直しに持って行く時には「まち針NG」なんです。針の混入は店の一大事。
ぬいぬいにゃんこです。ブログにお越しいただきありがとうございます。 お直しに出される際に「ここで仕上げてください」と事前に裾を折ってきてくださるお客様、大変ありがたいです。ですが、この時待ち針ではなく「クリップ」や「安全ピン」を使って...

コメント

タイトルとURLをコピーしました